トップ > 2014年2月の記事

尾長グレ60cmの歯

2014年02月28日
山元八郎さんが長崎県男女群島で釣られた尾長グレ60cmの歯を見て下さい。

上下に鋭く尖った歯が一列に密集して並んでいます。

 

201402281

この歯は、上の写真の背景にあるような、磯にはえている葉状の海藻を口先でつかみ取って食べるのに適しているといわれます。

夜釣りでは、ハリス8号で挑み続けて狙いの60cmを仕留めた山元さんでしたが、それ以上の引きにも遭遇し、ハリスがブチ切られることもありました。

201402282

ハリス8号でも、十分とはいえない。それが男女群島です。

昨年は四国西南部の尾長グレ釣りの撮影が多く、ハリス2.5号や3号で何とか食わせて取り込む繊細な尾長グレ釣りを見てきました。

そのためか、豪快なタックルで力いっぱい勝負する離島の尾長グレ釣りが、ひときわ新鮮に感じました。

あぁ、僕も釣りがしたい!

憧れの島、男女群島

2014年02月26日
磯釣り師の憧れの島、長崎県男女群島に行ってきました。若いころ、60cmオーバーの尾長グレを釣りたくて何度も足を運んだことがある夢の島です。

そのたびに、荒天による撤収や、技術のなさに直面し、釣り人として夢を果たせないまま10年近い歳月が流れました。

201402261

今回、行くことになったのは、『グレ×山元八郎REAL』に出ていただいた山元八郎さんが、毎年この時期、自身が会長をつとめる八釣会で男女群島遠征を企画されており、それに同行させていただくことができたからです。

201402260

ということで、私が尾長を釣るのではなく、山元さんの尾長グレ釣りを撮影するのが目的です。

釣り人としての尾長の夢は、夢のままですが、釣りの撮影者としては、日本屈指の男女群島で、プロ釣り師山元八郎さんの尾長グレ釣りを撮影するという願ってもないチャンスを得ることができ、感慨深いものを感じました。

201402262

2月21日午前11時、平戸の田平港から、あじか磯釣りセンターの渡船ブラックヘラクレスに乗り、いざ男女群島へ。渡船に揺られること3時間半で到着。東シナ海のまっただ中に浮かぶ男女群島は、若いころに見た景色と変わりなく、厳しい自然にさらされる絶海の孤島ならではの威容を誇っていました。

201402263

日中は口太がメイン、夜釣りで大型尾長を狙うのが男女群島におけるグレ釣りのパターン。気力と体力さえあれば、磯に泊まりながら何時間でも釣りができるのが離島の面白さです。

初日、山元さんと日開さんとともに女島のスベリに上がり、夜釣りで山元さんが57cmの尾長を仕留め、幸先のいいスタートを切ることができました。

日中は良型の口太グレが入れ食い状態でドンゴロスがすぐに満タンに!

二日目は屈指の名礁、大ザメに移って山元さんが尾長60cm、日開さんも尾長57cmや58cmを釣り上げ、狙っていた大型尾長グレの目的を果たすことができました。

201402264

磯での2泊3日の間、4時間ほどの睡眠以外は、尾長とのやり取りを逃すまいと、ほとんどカメラを構えていました。山元さんも私も精一杯がんばって、離島ならではの迫力あるシーンを押さえることができました。

201402265

この模様は、いずれ『グレ×山元八郎REAL2』としてリリースする予定です。水中映像もトライしています。ご期待ください。

『グレフカセ釣りREAL』の再入荷は3月中旬になります

2014年02月24日
お客様各位

平素はサーフェースDVDについてご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

現在、欠品中の弊社DVD『グレフカセ釣りREAL』ですが、再生産に向けて改訂版を編集しているところです。

しかしながら、制作が遅れており、商品の上がりが3月中旬になりますことをご連絡させていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
GureFukaseRea