トップ > 2013年4月の記事

ナイフでもカミソリでもなく、精巧なノコギリ刃

2013年04月28日
エラブタがコールタールのような黒で縁取られているのが、尾長グレの大きな特徴の一つであることはよく知られています。尾長グレのバラシについて語ると き、鋭い歯とともに、このエラブタでもハリスが切られることがあるといわれます。尾長グレ51.5cmのエラブタもじっくり観察してみました。

onaga_erabuta1
エラブタは魚類学用語では鰓蓋骨(さいがいこつ)と呼んでいます。黒く縁取られている部分は主鰓蓋骨と呼ばれ、「エラブタでハリスが切られる」というと、この部分を連想される方もいますが、ここは骨が皮で覆われていてエッジは鋭くありません。

目を向けなければいけないのは、主鰓蓋骨よりも口側にある前鰓蓋骨と呼ばれる部分です。目の後ろ側から縦に割れ目がのび、下側で湾曲して口元へと続いてい ます。一見すると主鰓蓋骨と前鰓蓋骨はツライチで目立ちません。が、前鰓蓋骨を少し浮かせると驚くほど鋭いエッジが出てきます。

onaga_erabuta2
それはナイフでもカミソリでもなく、1mm以下の刃が密集した精巧なノコギリ刃。こんなのに擦れれば、細いハリスなどひとたまりもありません! 釣った魚 を手に持ったとき、不意に魚が暴れて指をざっくり切り、文字通り手痛いしっぺ返しを食らうのは、この部分に触れたからです。

この尾長の前鰓蓋骨のエッジをよく見ると、何かに当たって、いびつに刃こぼれした部分がありました。釣り上げてから磯で暴れてこうなったのか、それとも……。

onaga_erabuta3
下の写真はシマノ・磯カタログ2012-2013で、平和卓也さんの口太グレとのファイトシーンを撮らせていただいた水面カットですが、グレが反転したとき、ハリと体側に見えているハリスの位置関係から前鰓蓋骨の上にハリスがあると連想できます。

kuchibuto_suimen1
kuchibuto_suimen2
尾長グレの前鰓蓋骨が刃こぼれしたのは、激しいやり取りでハリスと接触したから……と考えるのは、少し都合がよすぎるでしょうか。

尾長グレの歯

2013年04月24日
高知県沖ノ島の磯釣りの撮影に行き、撮影中に釣れた尾長グレ51.5cmをいただきました。この界隈のグレは、脂が乗っておいしいことで知られています。 料理して食べるのがとても楽しみでしたが、このような大型尾長はめったに手に入るものではありません。食べてしまう前に、日ごろ尾長釣り師を悩ませている 歯をじっくり観察することにしました。尾長グレは、せっかく掛けても歯でハリスを切られてバラす率が格段に高いからです。

尾長グレを観察すると、硬くしっかりした歯が一列に並んでいます。その1本1本を見ると、先が三つに分かれていることが分かります。これ、三尖頭歯(さんせんとうし)といって、口先で岩にはえた藻類をつまむのに適した形状です。

写真の歯がすきっ歯になっているのは、激しいやり取りで歯が欠損したためでしょう。そして、口の奥に行くに従って、上下に鋭くとがった歯が緊密に連なっています。

onaga_ha
どうせなら、ハリをのみ込まれたときのハリスの状態を再現しようと、のどの奥にハリを引っ掛け、ハリスを乗せて引っ張ってみました。最初に試したのはフロ ロカーボン2号。三尖頭歯の隙間にハリスを乗せて引っ張ってみると、ほんの少し力を入れただけで、スパッとものの見事に切れてしまいました。思わず「マジ でっ!」という言葉が出たほどです。

三尖頭歯のV字の隙間は、極端にいえば両刃を開いたハサミのような形状です。ハサミの付け根側に引っ張れば、力が限りなく一点に集中し、細いハリスはあっけなく切れるというわけです。

仮にハリスがカンヌキ(上アゴと下アゴの付け根)に回り込んでも、そこには鋭い歯が上下に整列しています。やり取り中にこすれば、たやすく切れることは容易に考えられます。

onaga_ha_harisu
次にハリス2.5号を試すと、かなり力を入れて引っ張っても切れませんでしたが、ぐりぐりと歯の上を滑らせながら何度も引っ張ると、そのうち切れました。 3号(上写真)にすると飛躍的に切れにくくなりました。50cmクラスの尾長狙いでは、ハリス2号ではまったくお話にならない、2.5号で何とか、3号で ちょっと安心度が増す、といったところでしょうか。

onaga_danmen
観察後、尾長を包丁でさばくと、何という脂の乗りよう! 背中側も腹側も霜降り状態で、塩焼きにすると、脂がしみ出て、ほっぺが落ちるほどのおいしさ。

以前、長崎県男女群島で釣れた60cmオーバーの尾長を食べたことがありますが、それはまるでゴムを噛んでいるような筋ばった食感でした。それに比べると 天と地ほどの差。この肉質の違いは、やはり連日撒かれるボイルのオキアミと赤アミが原因なのでしょうか。とんでもなく旨い、けど、ちょっと怖いような印象 も抱いてしまいます。