トップ > 2013年3月の記事

グレ×山元八郎REAL

2013年03月23日
カリスマフカセ釣り師の山元八郎さんとタッグを組んで、グレ釣りDVDを制作しています。

山元八郎さんといえば、グレマスターズで前人未踏の7度の優勝を誇る大名手。全日本グレ釣り王座決定戦で優勝7回、報知グレ釣り選手権や福井グレカップなどでも優勝を果たすなど、グレ釣りのトーナメント界を席巻してきたスーパースターです。

若いころ、釣り雑誌の仕事で初めて取材させていただいたときは、”神様”を前にしてカチコチに緊張していたことを思い出します。

その山元さんが、光栄にもサーフェースの撮影に協力していただけることになったのです。

フ?リント
山元さんは、以前に『グレ釣りマシーン山元八郎』というビデオを出されているのですが、実は、このビデオのディレクションを私が担当していました。

グレ釣りシーズンとしては終盤に近い3月中旬、低水温で活性の低いグレを攻略する技を撮影するために、愛媛県宇和島の矢ヶ浜の磯に行ってきました。

YamamotoGure
初日は、山元さんの技が随所に光り、かなり順調に撮影が進みました。二日目、満を持して水中撮影を試みたのですが、これがなかなかの難関。潮の上げ下げで 急潮が流れ、流れる方向も刻一刻と変化、魚の活性もめまぐるしく変わっていきます。おまけに足元近くには70cmクラスのカンダイがうろうろ。グレのヒッ トシーンを撮りたいのに、先にカンダイばかりが食ってしまい、山元さんも困惑顔です。

kobudai
しかし、諦めずに撮影を続け、山元がさんが得意とする様々な仕掛けのなじむ過程や、なじんでからの動きなども含めて、1日フル稼働で撮影に取り組みました。

gure
山元さんには、私がこだわる撮影内容に根気よく付き合っていただき、心から感謝しています。

今回の撮影を足がかりに、さらに突っ込んだ内容を充実させ、DVDを制作していきたいと思います。発売時期はまだ未定ですが、かなり役立つ面白いDVDになることは間違いありません!  ご期待ください。

ヘラで春を感じた1日

2013年03月06日
『ヘラ管理池REAL』を継続的に撮影している奈良県香芝市の分川池に行ってきました。今回は、撮影目的ではなく、低水温期の中心的な釣り方である床釣りの何たるかを勉強する目的で行ってきました。つまり、私自身が釣りをして学びながら楽しませてもらいました。

講師は、紀州釣り師にしてヘラ釣りも大得意の永易啓裕さん、そしてもう一人、ヘラ釣り界を束ねる某メーカーの重鎮(!?)まで来ていただきました。

高気圧に覆われて空は快晴、風は少しありましたが、気温もぐんぐん上昇して春らしい陽気となりました。

昨年12月にここで水中撮影を試みたのですが、ヘラの活性のあまりの低さに失敗に終わりました。しかし、今回はまずまず活性があり、私でもぽつぽつとヘラを仕留めることができました。

12月と3月とでは、水温はさほど変わりない(むしろ3月の方が低い)と思うのですが、日に日に水温が下がり続ける12月は激シブ状態、少しずつ上がる3月は明らかにヘラが元気を取り戻している感じがしました。

bunkawa-hera
映像撮影のときは、なかなか写真を撮る余裕がないので、今回は釣りの合間にカメラをセッティングして水面写真を撮りました。力強く水を蹴って泳ぎ回るヘラの姿に、春の到来を一層強く感じることができました。

近々、床釣りのREALを追いかけて、本番の撮影に行く予定です。