トップ > ブログ 潜入 >  魚がスレる。その意味がヘラ管理池REALから見えてくる

魚がスレる。その意味がヘラ管理池REALから見えてくる

2013年05月27日
山口要さんと永易啓裕さんとタッグを組んで、ヘラ釣りの水中模様を調べたDVD『ヘラ管理池REAL』が、6月5日に発売されます。ウキに鋭いアタリが出て、ヨシッ! と思ってアワセを入れたのに、空アワセ。そのようなことを「カラツン」といいます。

カラツンを減らすことは、ヘラ釣り師の永遠の命題。カラツンが出たときに、水の中で何が起こっているのかを徹底して調べ上げたのが、このDVDです。

管理池という常に釣り人のプレッシャーにさらされている場所で、ヘラたちはどんな行動を取りながらエサを食っているのか。釣り人がいくら豊かな想像力を働かせたとしても、そこは見てみないと分かりません。

『ヘラ管理池REAL』では、ヘラの捕食シーンを数多くとらえることができました。これまで釣り人が当たり前のように思ってきたことを覆すようなリアルや 新発見が随所にあり、かなり刺激的です! 出演者のお二人も、ご自分の水中映像を見て、思っていたことと現実との違いに「ショッキング」「衝撃的」という 言葉をインプレッションの中で連発されています。

yamaguchi_impre
このDVDは、熱心なヘラ釣り師に向けて作ったものですが、撮影した映像を整理していくと、ウキ釣りをする人なら、釣りのジャンルを問わず見てほしいと思 うようになりました。その理由は、魚がハリやハリスといった危険な異物が付いたエサを食うとき、どのような警戒行動をとりながらエサを食っているかが明確 に理解できるからです。

例えば、連日釣り人でにぎわう超A級磯のグレ釣り。グレは、マキエは次々と拾うのにサシエだけ見事に無視することがたびたびあります。また、ウキにアタリ が出ていないのに、いつの間にかサシエがぐしゃりと潰されていることも少なくありません。歯がゆい思いをしながらも、水の中での捕食実態を確かめる手段は ありませんでした。

いずれ、グレフカセ釣りREALシリーズで捕食についてさらに詳しく調べていくつもりですが、ヘラ管理池REALからも連想できることが数多くあり、非常に参考になります。

魚がスレるとは、どういうことなのか。そのスレた魚がエサを食うときにどんな行動を取っているのか。それに対処するにはどうすればいいのか。ヘラ管理池 REALの映像は、新しい攻略パターンを試行錯誤する”呼び水”の役目を果たすに違いありません。ぜひ様々なジャンルのウキ釣り師にご覧いただければと思 います。