トップ > ブログ 潜入 >  釣り百景ポスター

釣り百景ポスター

2015年08月29日
BS-TBSの釣り番組『釣り百景』のポスターが届きました。

実は、この夏、釣り百景の撮影隊に同行して長崎県男女群島に行っていました。

放送100回を記念して、磯釣り師憧憬の地、男女群島を舞台に、高橋哲也さんがムロアジの泳がせ釣りやスルルで、キハダ、イソマグロ、フエフキダイなどを狙うビッグゲームを追いかけました。

私の役割は、そのダイナミックな磯釣りを「象徴する一枚」を撮ることにありました。ポスター用の写真を撮るのです。

冬場、全国からフカセ釣り師が押し寄せて、大型尾長グレ狙いの熱気にあふれる男女群島ですが、熱風地獄の真夏は、さすがに貸し切り状態。普段、なかなか上がれない名礁群が、すべて空いてます。

番組ロケは、潮に合わせてSOS、帆立岩、サメ瀬で行い、その中でも私は、男女群島の激礁を象徴する帆立岩でファイトする高橋さんを狙いました。

そのとき撮った一枚が、このポスターになりました。
1508291
沖でキハダやカジキが跳ねていました。それらを恐れて、小さなヒラマサの群れは磯際から離れませんでした。

久々に、心動かされるものがありました。

若いころ、私も離島の大物釣りに憧れ、男女群島に遠征していました。スタンディングファイト仕様にした4.2mのクエ竿に、PE12号を400m巻いたレバードラグリールをセットして、帆立岩から泳がせ釣りをしたことがあります。あの頃の自分の姿が、重なりました。

高橋さんと違って、私には釣り運は巡ってこず、釣り人としては鳴かず飛ばすの釣り人生です。

しかし、あれから15年ほどの歳月が経ち、私の生業とする写真で、再び日本一の激礁に立って、日本一の大物釣り師を撮れたことは、かなり幸せなことだと思っています。

このときの模様は、9月3日(木)夜10時から放送される予定です。ぜひぜひご覧下さい。

http://www.bs-tbs.co.jp/tsuri/index.html