トップ > ブログ 潜入 >  海中ディスカバリー1号

海中ディスカバリー1号

2012年12月07日
本格的な冬が到来して北西風がビュンビュン吹く日が続くようになりました。今日は、高気圧に覆われて快晴ですが、こんなロケ日和に事務所で仕事をしていると、つくづくもったいないなぁ?と思います。ロケの日は荒天に悩まされることが多いですから。

先日、『グレフカセ釣りREAL2』の撮影で一平ちゃん(武田一平さん)と和歌山の磯に行きました。

IppeiGure
少しウネリがありましたが、好天に恵まれ、絶好のロケ日和。一平ちゃんも快調にグレやイスズミを掛けて、釣りとしてはかなりいい感じでした。

しかし、私が夜なべしてしこしこと自作した特殊撮影機材「海中ディスカバリー1号」の設計が甘く、まったく納得のいく映像を撮ることができませんでした。

isuzumi
閃いたアイデアを元に「これでいける!」と思って作った海中ディスカバリー1号でしたが、早くもおはらい箱になってしまいました。

やはり、いくら机の上で考えていてもダメですね、現場に出て試してみないと。一生懸命釣ってくれた一平ちゃんには申し訳ないことをしました。

ということで、再チャレンジに向けて新たな材料をカットしたり溶接したりで海中ディスカバリー2号を制作中。どんな映像が撮れるのか、今からワクワクしています。