トップ > ブログ 潜入 >  毎日の海水温チェック

毎日の海水温チェック

2017年03月28日
三重県に僕がフカセ釣りの道場と位置づけている地磯があり、時間の許す限り通うようにしています。

今シーズンは調子が悪く、なかなか思うようにグレが釣れないのですが、釣れない状況で釣ってこそ上達するのだと割り切って通い続けています。

同じ磯に通い込むと、潮の流れや食う場所、食うタイミングなど、いろいろなことが見えてきて、楽しいものです。

もっとも面白いのは、釣れ具合と海水温との関係。磯に立つと、釣り始める前に必ず自前の水温計で水温を計るようにしているのですが、ネットで見る海水温情報も欠かせません。

三重県水産研究所のサイトでは、早田地区の定置網の水温がリアルタイムで公表されています。

http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/SUI/shigen/haida/plot.html



3/26〜27日にかけて、黒潮から分岐した温かい潮がドォォォ〜〜〜と入ってきて、14度台の水温が一気に17度近くまで上昇しています。

2月にもこの潮が来たタイミングがあり、そのときはいいサイズの尾長を釣らせてもらいました。

毎日のようにこのサイトをチェックしているのですが、こんな水温上昇を見ると、いてもたってもいられません! いまにも車を走らせたいところですが、今週は瀬戸内、関東とロケが続き地元にいません!

毎週欠かさず通っている友人の情報を待つのみです。

帰ってくるまで、ぬくぬく潮よ、残っておいてくれ〜〜〜!