トップ > ブログ 潜入 >  中1日のブログ更新

中1日のブログ更新

2013年11月29日
私のブログ更新は、ほんとインターバルが長くて、2週間に1回程度が当たり前、一昨日は約1カ月ぶりに更新したほど、のんびりした書き方をしています。毎日とか2、3日に1回とか更新される方は、ほんとすごいな?と思います。日々の仕事をがんばりすぎて頭がはげるほどの僕には、とてもよう真似できません。

一昨日、約1カ月ぶりにブログを更新したので、このブログをときどきお読みいただいている方は、おそらく「次の更新は早くて2週間後やな」と予想されたことでしょう。その予想を覆して中1日での更新です! 「ええっ! 何を書いとんのや??」と興味をそそられた方もおられるのでは。

別に大したことではありません。普段と違うパターンにしたら、読まれる率がアップするのかなと思いまして……。皆さんを試したようで、すいません。

ところで、魚が釣れる、釣れないの境目ってどこにあるのでしょう? 水中撮影で魚がエサを食うシーンをとらえる機会が増えて、ひとつの大きな核心をつかみました。それは、チヌにしてもグレにしてもアユにしても、水の中には常に狙いの魚がたくさんいて、その中のごくわずかな魚しかヒットしていないという現実です。

魚がまったく釣れないとき、「今日は魚はおらん。サシエ一つで足りるで」なんて笑い話をしますが、多くの場合、それは間違った感覚です! 魚は仕掛けの周りにいっぱいいて、サシエをことごとく見破っているから食っていないことの方が、はるかに多いと僕は確信しています。

なぜ仕掛けを見破られるのか。ウキ、ハリス、オモリ、ハリなど、いろいろな物が付いた仕掛けの動きは、やっぱり海の中で見ると明らかに変なんです。変な仕掛けが毎回同じように変な感じで沈んでくると、「ああ、またか」と魚はいとも簡単に見破っているようです。

仕掛けを替えた直後やサシエを別のものに替えた直後、休憩して時間をあけた直後、ポイント移動した直後は、けっこう高い確率でヒットするものです。

ワンパターンの攻め方は見破られ続けるけど、パターンを変えた直後、つまりそれまで危険と判断していたパターンと違うものについては、危険信号が一時的に弱まって、思わず食いついてしまうケースが多いのではないかと思っています。

いつものパターンと違う中1日のブログ更新で、「何を書いとんのや??」と興味をそそられた方なら、その感覚は何となく分かっていただけるのかもしれません。