トップ > ブログ 潜入 >  チヌかかり釣りBASICの見どころ

チヌかかり釣りBASICの見どころ

2012年03月26日
いよいよ3月27日から各地の釣具店に『チヌかかり釣りBASIC』が並び始めます。配送の都合で、店頭に並ぶのが数日遅れることもありますが、ご了承をお願いします。

BASICを作るに当たって、一番大事にしたのがビギナー目線です。釣りの教本なりDVDなりは、名手のテクニックを柱にして作ることが多いため、名手目線の内容になりがちです。それらは、釣りの中級者や上級者にとっては有用でも、初心者にとっては内容が難しすぎて、解説していることが理解できない、理解できても技術的にマネできない、ということがよくあります。

ビギナーにとっては、チヌの攻略法うんぬんよりも、エサやタックルは最低限どんなものが必要か? 渡船代はいくらでいつ払うのか? 四角いイカダのどこで竿を出せばいいのか? 荷物をどこにどんな風に置いたら釣りやすいのか? トイレの心配は? というような1日スムーズに釣りを楽しむためのノウハウの方が重要であり、切実です!

BASICの最大の特徴は、かかり釣りに行ったときに釣り人が経験するであろうシーンを細かく追いかけ、各シーンでどうすればよいかを、稲垣さんが根気よく解説していることです。中級者以上の方には当たり前と思えることを、稲垣さんが、愚直に、真顔で、ときにユーモアをまじえて解説しています!

でも、それだけではないところが、このDVDの価値です。基本的な釣り方を細かく解説しながら、チヌのアタリからとらえたヒットシーンが充実。中級者の方が見ても「なるほど」と思えるような応用的なテクニックも、スローモーション映像や水中映像をまじえて分かりやすく解説しています。

撮りためた映像から、あれも入れたい、これも入れたい、と内容を吟味しながら積み上げていったところ、125分の長編になってしまいました。私がいま持っているパワーと技術をフルに投入して作ったDVDです。一人でも多くの方に見ていただき、ご自分の釣りに役立てていただければ、制作者として冥利に尽きるというものです。