トップ > ピックアップ >  グレは本流のどこにいる!?

グレは本流のどこにいる!?

2014年03月08日
いろいろと抱え込んでいた仕事が、今日でようやく一段落。いやはや、長い長いワーキングロードでした。

少し時間ができたので、男女群島で山元八郎さんを撮影したときにチャレンジした水中映像をチェックしました。男女群島で三本の指に入る名礁、大ザメのド本流の中で撮影した映像です。
201403071
うっひょー。何という魚の多さ。これはタカサゴです。「沖縄でいうグルクン」といった方が分かりやすいかも。

山元八郎さんが釣りをされているときも、タカサゴは数尾ヒットしましたが、海中でこんなにたくさん群れていたとは思いませんでした。

次に目に付いたのはサンノジ。もう本流のど真ん中、磯壁、海底付近、どこを撮影しても必ず数尾は見えていて、群れたり、単独でいたりで、あちこちに点在していました。
201403072
水中カメラを入れる前は、グレもぽつぽつ釣れていたので、さぞやグレの姿もたくさん映っているだろうと思っていたら、これがまったくの期待外れ。

磯際、本流の中、引かれ潮との合流点など、いろんなポイントで撮影した映像をチェックしたのですが、グレがほとんど映ってません。

こっ、こんなはずでは……と、不安な思いで見続けていると、あるところで目がくぎ付けになりました。ムムムッ、そこにいたのか!! しかも、大きな群れをなして。

さて、問題。

下の写真で、グレが群れているのはどこでしょう。潮は、右側手前から、左側の奥に向かってかなり速いスピードで流れています。
201403073
本流の中で、グレが群れているのは、ごく限られた場所。
そんな発見があった興味深い映像でした。

(ヒント:大きな○○○の裏)