トップ > ピックアップ >  アオリイカパラダイスプロジェクト2014

アオリイカパラダイスプロジェクト2014

2014年05月19日
5月15日に三重県引本浦で開催された「アオリイカパラダイスプロジェクト2014」に参加してきました。

エギングを中心とするレンタルボート店・エヌテックマリンの中井敏秀さんが中心となって、釣具メーカーや釣りメディア、地元の漁協、役場と連携して、毎年この時期に続けている、アオリイカの産卵床設置プロジェクトです。
1405201
紀北町役場の協力を得て、地元の山からウバメガシの枝を切り出し、これに土嚢を結び付けて、引本湾の一角にある海底に設置するという取り組みで、今回で6回目を迎えます。

産卵期を迎えたアオリイカは、根がしっかりとした海藻や漁具に卵を産み付けます。海中に沈められたウバメガシは、格好の産卵床となり、毎年多くの卵が産み付けられ、ふ化が確認されています。
1405202
獲るばかりでは水産資源が枯渇する……。日本沿岸の水産資源を維持していくため、国や自治体レベルでは、これまで稚魚放流や魚礁を設置する事業が盛んに行われてきました。

田畑で農作物をつくることになぞらえて「つくり育てる漁業」や「栽培漁業」といわれ、昭和後期ごろから沿岸部の漁業基盤を支える重要な取り組みとして認識されています。
1405203
しかし釣り人は、自然から恩恵を受けるばかりで、末永く釣りを楽しむために何かアクションを起こす、という観点がきわめて希薄でした。

「アオリイカパラダイスプロジェクト」の価値は、日頃アオリイカ釣りの恩恵にあずかる釣り事業者が主体となって、アオリイカを増やす取り組みを推進し、それに賛同する釣具メーカー、釣りメディア、漁協、役場が連携して前を向いている点でしょう。
1405204
特に産卵床を設置してから周辺海域でのアオリイカの漁獲量が劇的に増えた実績があり、釣り人も漁師も喜びあえるウィンウィンの関係が築かれている点は、特筆すべきことでしょう。

和気あいあいとした雰囲気の中、アオリイカが増えることを願って8本のウバメガシの枝が沈められました。私も釣りのメディアに関わる者として、何ができるのかを考えさせられる1日となりました。